相続税がかかるものとかからないもの

相続税がかかるものとかからないもの

一定以上の財産を相続したときに収める必要がある相続税ですが、相続する全てのものが課税対象になるわけではありません。
課税の対象となる財産としては、本来の相続財産、みなし相続財産、相続開始前3年以内の贈与財産などがあります。

本来の相続財産とは、亡くなった日に被相続人が所有していた、お金に換算することが出来るものです。
現金の他、土地や家屋、株式、負債などがこれに当たります。
みなし相続財産とは、非相続人が死亡した事をきっかけにもらうことのできる財産のことです。

生命保険、死亡退職金などがこれに当たります。
相続開始前3年以内の贈与財産は、被相続人が亡くなる日より3年以内に贈与された財産のことです。
続きまして、相続税の課税対象にならない財産は以下のとおりです。

非課税財産、債務などがあります。
基本的にに相続税というのは、お金に換算できる全てのものが課税対象になるわけですが、中には特例によって対象にならないものがあります。
それを非課税財産といいます。
お墓や墓地、国に寄付した財産、生命保険金、死亡保険金、死亡退職金の一部などがこれに当たります。
国民感情やそのものの性質などを考慮し、課税をするには不適当だと判断されたものが対象になります。
さすがに、お墓や保険金まで相続の対象にされると精神的にも参ってしまいそうですしね。

    Copyright(C) いつかは必要!相続税を理解する為のポイント All Rights Reserved.