相続税の金額を抑えるには

相続税の金額を抑えるには

遺産が6億を超えると税率が55%になるなど、非常に税金の額が高いのが特徴の相続税。
相続が3代続くと財産がなくなるという言葉もありますが、相続のたびに半分以上も持っていかれるとなると、大げさな話でもありませんね。
節税に関する対策は沢山ありますが、この相続税を減らす対策というのもあるにはあります。

ただ、相続税を節税するためには、いざ相続が起こってからでは出来ることが限られています。
相続対策は非相続人が生きているうちに行っておく必要があります。

一番手っ取り早くて簡単な相続税の対策としては
『連年贈与』
というものがあります。

贈与税は個人から年間110万円以上もらったときに発生する税金ですが、この110万円の基礎控除内の贈与であれば、税金がかからないのです。
相続人の人数×110万円の贈与を行うことが出来ますので、例えば相続人が10人いれば、年間1100万円の贈与が行えます。

税金を掛けずに贈与できる金額に限りがあるのが難点ですが、毎年行っていくことで、確実に相続税の節約になる対策でもあります。
ただ、連年贈与というのは場合によっては税務署に指摘されることもありますので、長期にわたって贈与を行う場合、専門家の意見を聞いて行うのが良いかと思います。

    Copyright(C) いつかは必要!相続税を理解する為のポイント All Rights Reserved.