相続の順位と法定相続分

相続の順位と法定相続分

財産を相続するときに、民法では相続する順番や順位が定められています。

最も順位の高いのが、被相続人の子もしくはその代襲相続人、つまり被相続人の子供、孫、ひ孫がこれに当たります。
その次が被相続人の父母、祖父母、最後に兄弟姉妹、甥、姪という順番になります。

注意しておきたいのは、順位を定めてはいますが、上の順位の人が存続している限り、下の順位の人には相続権はないということです。
また、被相続人の配偶者に当たる人は、
常に相続人となると定められております。奥さんや夫に当たる人ですね。

また、財産を相続するに当たり、配分率も決められています。
例えば現金を1500万円所持している人が亡くなった場合、配偶者とその子供2人がいるケースでは、配偶者が半分の750万円、子供たちが残りの半分を375万円ずつ均等に相続します。

配偶者がおり、子供がおらず、被相続人の両親が存命している場合は、配偶者が三分の二の1000万円、両親がそれぞれ六分の一の250万円ずつ相続します。
配偶者がおり、子供、両親ともにおらず、弟がいる場合、配偶者に四分の三の1125万円、弟に残りの375万円が相続されます。
配偶者の割合が常に優遇されるわけですが、割合は状況によって変わるということですね。
相続税の税率も分配した財産の額によって変わってきます。

    Copyright(C) いつかは必要!相続税を理解する為のポイント All Rights Reserved.