相続税の控除について

相続税の控除について

遺産を相続すれば、それに応じた金額を税金として収める事になるのですが、相続した遺産全てが相続税の課税対象になるわけではありません。

基礎控除というものがありまして、遺産の額からこの基礎控除を差し引いた額が課税の対象になります。
基礎控除の金額は決まっており、

現在では、5000万円+(1000万円×相続する人数)

という金額になっています。

しかし、平成27年1月以降の相続から、この基礎控除の金額が改定されます。

3000万円+600万円×相続する人数

と、約6割に削減されるわけです。

そのため、これまで相続税の課税対象にならなかった人も課税の対象になる可能性が高くなるんですね。
相続税の税率も引き上げられますので、これまで以上に、相続に関しては慎重に行動する必要があるんです。
基礎控除の金額が元々大きいですし、実際計算するときは、基礎控除を控除して、さらに相続人で相続分を分けた後に税率を乗じますので、かなりの財産を持っている人が対象になります。

なので、関係ないよという人も多いのは事実ですが、基礎控除のボーダーライン上にいた人などは死活問題ですし、元々対象になっている人でも数千万単位で税金が増える可能性があります。

一例としては、相続分が6億円、相続人が子供2人である場合、約2000万円近くの金額の差が出るようです。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 事業を行っていく上での会計帳簿の作成や、経営状況の把握は非常に重要なファクターだとわかってはいても日々の業務の中ではどうしてもおざなりになってしまうということであれば、この福岡にある税理士事務所に業務請負を依頼することで煩雑な税務申告などの作業から開放され、業務効率上昇の役に立つのでお勧めです。

Copyright(C) いつかは必要!相続税を理解する為のポイント All Rights Reserved.