相続をめぐる骨肉の争い

相続をめぐる骨肉の争い

遺産相続をめぐるトラブルというのは、日本だけでなく世界中でも良く見られることです。
高齢の資産家と若い女性が結婚すると遺産相続の話題が良く出てきたりします。
有名どころだと、アメリカの石油王と20台の女性との結婚とそれをめぐる遺産相続をめぐる争いですね。
20年以上経ち、相続を争った当事者同士はすでに亡くなっているのですが、いまだに解決に至っていないようで・・・・

上記の例はかなり極端な例になるでしょうが、遺産相続のやり方を間違えると、私たちにも決して無関係な話ではないでしょう。
相続できるものとしては、土地、建物、現金、預貯金、そして骨董などの物品など様々なものがありますが、どのように分配するのかでもめることもあります。

相続するものによって、相続税がかかるものとかからないものがありますし、建物などきっちりと分けることが出来ないものもあります。意外なところでは、借金も相続の対象になるんです。

これは本当に揉めるでしょうね。
好き好んで借金を相続する人なんていないでしょうし・・・丸く治めるには遺言書をしたためておくというのが一番なのでしょうが、最近は遺言書の有効性について問う裁判も良く聞くようになりました。

大阪の某市長は、こういった問題を解決するためのなのか、相続税を100%にするなどという発言をしたことがありますが・・・そのくらい本当に難しい問題だとおもいます。

    Copyright(C) いつかは必要!相続税を理解する為のポイント All Rights Reserved.