相続税とは何か

相続税とは何か

遺産を相続するときに避けて通れないのが、税金の納付です。
相続税といいますが、この相続税、いったいどのようなものなのでしょうか。

相続税とは、、相続や遺贈、死因贈与などによって取得した財産の中から、税金のかからないもの、お葬式の費用などを差し引いた額から、
さらに基礎控除5000万円+(1000万円×相続する人数)を差し引いた額に課税されます。
相続税の対象になるのは現金だけでなく、土地や建物などの不動産、車や船舶、骨董品にいたるまで殆どのものが課税対称になります。

例外として、墓地、霊廟、祭具、生命保険や退職金のうちの一定額などは相続税の課税対象にならない財産となります。
上記のようにありとあらゆるものが課税対象となっていますから、せっかく親が子供に財産を残していても、税金を払うために処分してしまうということも起こっています。

一番危ないのが土地や建物を対象にした税金。

多くの不動産を所有していた場合、それに対して多額の税金がかかるのですが、相続税というのは非相続人が死亡した日、もしくはそれを知った日の翌日から10ヶ月以内に納付しなくてはいけません。
支払う現金がない場合、土地や不動産を処分してお金を用意しなくてはいけませんが、昔のように売りに出せばすぐに買い手が付く時代ではありません。

結局売ることが出来ず、財産を差し押さえられてしまうというケースも見られるようです。
相続が三代続くと財産はなくなるなどとも言われるように、相続税というのは、下手をすれば人生を変えてしまう事になります。
なるべく日ごろから知識を身につけておきたいものです。

    Copyright(C) いつかは必要!相続税を理解する為のポイント All Rights Reserved.